\【最大400OFFクーポン】楽天市場 新生活フェア開催中! ~4/26 9:59まで checkする▶ /

モンベルは買ってはいけない?アウトドアマニアに理由を聞いて徹底解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
モンベル 買ってはいけない
困っている人

モンベルってコスパいいから耐久性が心配。もしかして、買ってはいけないブランド?

困ってる人

モンベルのアウターが欲しいけどおじさん臭くない?通勤にも着たいけど、おかしくないかな?

もっち

アウトドア王道のモンベルを快適に長く使えるかカッコよく着こなせるか気になりますよね。

世間的に『アウトドア用品』として知名度が高いモンベル

軽量、使いやすいのにコスパがいいため様々な人から愛されています。

でも、買う前に知っておかないと『他のメーカーにしておけば』とガッカリしてしまうポイントも。

口コミで見られたモンベルを買ってはいけない理由は以下の6つ。

\ タップで読み飛ばせます /

商品の選び方を知ることで上記の買ってはいけない理由は解決でき、快適なアウトドア時間をGETできます。

この記事ではモンベルを買ってはいけない理由を深堀し、失敗しないモンベルの選び方を徹底解説!

実際にモンベルを使った体験談もあるので、モンベルデビューをしたい人はぜひ参考にしてみてくださいね。

もっち

モンベルで人気商品No.1はアウター!軽量なのにあたたかく、やぶれてもメーカー保証があるので屋外でも安心して使えますよ!

\ 春のアウトドアや普段使いのモンベルを探している人におすすめ /

モンベル買ってはいけないの結論
買ってはいけない理由
おすすめの理由
  • 価格が安い
  • デザインがダサい
  • メジャーだが取り扱ってないキャンプ用品あり
  • 他の人と被る
  • おじさん臭い
  • 転売されている
  • コスパ最強
  • 長く使える
  • アフターサービスが充実
  • 機能性に優れている
  • 様々なカテゴリを取り扱っている
  • 日常生活でも使える
モンベルがおすすめでない人
モンベルがおすすめの人
  • デザイン性重視
  • 専門的なキャンプ用品を一式そろえたい
  • 他の人と被りたくない
  • 軽さ、機能、コスパ重視
  • 長く使えるアイテムが欲しい
  • アフターサービスが充実

\ 春のおすすめモンベルパーカー /

モンベル 買ってはいけない
  • 軽くて動きやすい
  • 撥水で急な雨もOK
  • コンパクトにできるため荷物にならない
春のアウトドアデビューにおすすめ!
モンベル 買ってはいけない

モンベルのアウターレビューから読む

目次

モンベルは買ってはいけない理由

モンベル 買ってはいけない

口コミで見られたモンベルを買ってはいけない理由は以下の6つです。

価格が安い

モンベルは機能面に優れているのに価格が安いので『品質を疑ってしまう』ことも。

そのため、モンベルを買ってはいけないと感じている人も見られました。

モンベル 買ってはいけない
引用:X

しかし、モンベルの品質は高く上級者のアウトドア家にも大好評。

冒険家である『大西良治』さんもモンベルを愛用し、沢登りやクライミングに挑戦しているという情報も。

モンベル 買ってはいけない
引用:X

そのため、価格が安い≠品質が劣っているわけではなく、機能性と価格のバランスが取れたブランドと言えます。

デザインがダサい

モンベルはデザインがダサいと言われていることも。

2023年Xでも『モンベルダサい』がトレンド入りしており、世間でも話題となっていました。

モンベル 買ってはいけない
引用:X

モンベルのデザインがダサいと言われる理由は以下の3つ。

  • 機能性を重視したシンプルなデザイン
  • カラーバリエーションが少ない
  • 人気色はすぐに売り切れるためイマイチなカラーしか残らない

しかし、使用場面に合わせて商品やカラーを選ぶことで『ダサい』を避けることができます。

もっち

ブラックを選んでおくと日常生活で着て来ても『ダサイ』を回避できます!

モンベル 買ってはいけない

そのため、自分の使用用途に合わせたカラーや商品を選ぶことでモンベルのダサいを回避することができます。

\ 20代にも人気!春のアウトドアにおすすめモンベル /

メジャーだが取り扱ってないキャンプ用品あり

モンベルはキャンプ用品の品ぞろえは豊富ですが一部取り扱っていない商品も。

そのため、キャンプ用品を同じブランド品で一式揃えたい人は注意。

例えば、キャンプ用品でメジャーであるが取り扱っていない商品は以下です。

モンベルで取り扱っていないキャンプ用品

ガソリンランタンと2バーナーストーブ

そのため、キャンプ用品を全て同じメーカーで一式そろえたい人はコールマンを検討してみましょう。

もっち

モンベルは山登りに特化!キャンプのブランド品を重視したい人はコールマンも検討してみましょう!

\ ランタン・バーナーストーブはコールマンでGET /

他の人と被る

モンベルは人気商品であるため、他の人と被ることも。

アウトドア用品やアウターを他の人と荷物置きにおいてしまうと見分けがつかなくなる情報もありました。

もっち

普段使いのアウターもブラックなど色が被りやすいので飲み会などで服をかける際には注意!

モンベル 買ってはいけない
引用:X

他の人と被らない色は派手なカラーが多いし、自分の好みのカラーを選びたいですよね。

カラーや商品を変えずにモンベルを人と被らないようにする方法は以下です。

モンベルが人と被らないようにする、見分ける方法
  • オリジナルプリントサービスを利用する
  • ネームプレートをつける
  • 他のメーカーにする(普段着のアウター)

有料ですがモンベルでは『オリジナルプリントサービス』を公式サイトにて実施。

¥1,210~モンベル商品に名前やイラストを入れることができます。

もっち

1点からも受付中!記念品やプレゼントにも最適ですよー!

モンベル 買ってはいけない
引用:オリジナルプリント | モンベル (montbell.jp)

ネームプレートはちょっと気が引ける、という人はネームサービスを検討してみましょう。

\ 注文から4-6wかかるので早めの注文がおすすめ /

おじさん臭い

モンベルはおじさん臭いという声も。

2023年の秋にも『モンベル おじさん臭い』がXにてトレンド入りしていました。

もっち

他にも『全身モンベルおじさん』というワードもトレンド入りしており、おじさん化をさらにスピードUP・・・。

モンベル 買ってはいけない
引用:X

モンベルがおじさん臭いと言われれる理由は以下の3つ。

  • 緑などおじさんが好みそうな色が多いため
  • アウトドア=中高年の男性イメージが世間にあるため
  • 2022年のキャンプブームから普段着でモンベルを着る男性が増えたため
    (全身モンベルおじさんの発端と思われる理由)

しかし、モンベルは商品の選び方によってはおじさん臭いと思われず日常生活に浸透することができます。

特に普段使いするアウターなどは以下のポイントに注意して購入しましょう。

おじさん臭いと思われないための商品選び
  • カラーはブラックなど一般的なアウターと同じカラーにする
  • モンベルのロゴが大きすぎない商品を選ぶ
  • ザ・アウトドアの素材でなくダウンやフリースを選ぶ

アウターにおすすめなのは以下のモンベルなので検討してみましょう。

\ おじさん臭くない!普段使いにおすすめのモンベル /

転売されている

モンベルは人気商品であるため転売の対象になってしまうことも。

そのため、転売されているモンベルを買ってはいけないという意見も見られました。

もっち

定価より高くモンベルを買ったのに、その後入荷されると本当にガッカリですよね・・・。

モンベル 買ってはいけない
引用:X

SNSの情報にあった人気で売り切れてしまった商品は以下です。

↓ タップで商品見れます ↓

モンベルで売り切れてしまい入手困難だった商品

売り切れていた商品の口コミ

スクロールできます

特に売り切れて買えなかった情報が多かったのは日傘

日傘男子がブームになり、サイズが大きく男性が使っても違和感がないモンベルの日傘が大ヒットしました。

もっち

晴れの日、雨の日も使えるので1つあると1年中使えますよー!

\男性にも大人気!通勤時に使うと汗だく出社回避!/

モンベルの商品については以下から検索できるので、人気商品はリサーチしておくことをおすすめします。

モンベルがおすすめな理由

モンベル 買ってはいけない

モンベルがおすすめな理由は以下です。

コスパ最強

モンベルは高品質なのにコスパがいいブランドで有名。

そのため、アウトドア初心者日常使いしたい人にも手に取りやすいことがおすすめポイントです。

モンベル 買ってはいけない
引用:X

モンベルの機能を他商品で求めようとすると値段が2-3倍高くなるという情報も。

アウトドア好きによると以下の商品は特にコスパがよくて人気と言われています。

モンベルで特にコスパのいい商品

モンベルが世間的に知名度が高いのはコスパ+機能性がよく様々な層から愛されている証拠と言えます。

長く使える

モンベルは長く使えるブランドで有名。

アウトドア用品に限らずアウター、服、靴などの普段使いできるアイテムも長持ちする口コミが見られました。

モンベル 買ってはいけない
引用:X

モンベルが長持ちする理由は以下の3つ。

  • 高品質な素材を使用(テントは耐久性の高いリップストップナイロンなど)
  • 商品によっては職人の手作業によって作られている
  • アフターサービスが充実しており修理してもらえる

注目すべきはアフターサービス

有償ですがモンベル公式に送ることで様々な商品を修理して長く使えうことができます。

もっち

値段の高いダウンジャケットも¥2,000程度で修理してくれるので買い直す必要がないためお財布に優しいです!(値段は要相談)

モンベル 買ってはいけない
引用:モンベル公式

そのため、アウトドア商品を長く愛用していきたい人にもモンベルはおすすめです。

アフターサービスが充実

モンベルはアフターサービスが充実しており、壊れた際は修理を受け付けてます

商品はジャケット、テントなど様々な商品を取り扱っています。

モンベル 買ってはいけない
引用:X

公式サイトとにあった修理できる商品と値段一覧は以下です。

商品名修理料金
ダウンジャケットの破れ
(15×15cm)
¥2,400
レインウェアの破れ
(10×10cm)
¥2,400
スリーピングバッグの破れ
(10×10cm)
¥2,400
靴のリソール¥15,000
ローカットシューズかかとのあて布¥2,000~2,500
テントフレームのポール交換、修理1本¥700-3000
傘折れ修理¥1,400
モンベルの修理サービスの例

そのため、1つの商品を長く愛着を持って使いたい人はモンベルをおすすめします。

機能性に優れている

モンベルの会社のコンセプトは『Function is Beauty(機能美)”と“Light & Fast(軽量と迅速)』

そのため、アウトドアの快適さを支えているブランド品です。

もっち

山岳パトロール、農業や林業、航空会社にも採用!日本も支えてくれる安心できるブランド品ですね。

モンベル 買ってはいけない
引用:X

モンベルの商品で特に機能性に優れている人気アイテムは以下です。

人気商品         おすすめ機能
テントステラリッジテント1型・軽量
・設計が簡単
アウターコロラドパーカー・温かいのに軽量
軽めのアウターウィンドブラストジャケット・軽量で持ち運びがラク
登山ウェアアルパインダウンパーカー・防水透湿性に優れたゴアテックス素材を使用
・軽量で動きやすい
インナーメリノウールインナー・軽量で通気性に優れている
・伸縮性が高く動きやすい
キャンプ用ウェアジオライン ラウンドネックシャツ・肌触りが良い
・保温性と速乾性に優れている
モンベルのおすすめ商品と機能性

そのため、快適なアウトドアを楽しみたい人、普段着で機能性がよく長く使える商品を探している人はモンベルがおすすめです。

様々なカテゴリを取り扱っている

モンベルは様々なカテゴリの商品を取り扱っています。

専門用品もあれば、アウトドアで共通して使える商品も多いので1つ購入するとあらゆる場面で重宝します。

もっち

キャンプ用品は万が一の防災時にも役立つので家にあると安心しますよ!

モンベル 買ってはいけない
引用:X

モンベルが取り扱っている用途別の商品は以下です。

取り扱い商品一覧はコチラをタップ▼
アクティビティ取り扱っている商品
トレッキング・レインウェア、ウィンドブレーカーなど
・Tシャツ、アンダーウェア
・パンツ、ソックス
・靴
・バックパック
・テント(登山用)
・小物(サングラス、虫よけ、アイゼン)
雪山トレッキング・アウター、レイヤー、保温着など
・バックパック
・防寒類
・アイゼン、スノーシュー、ヘルメット、ピッケル
・小物類(防止、雪山用グローブなど)
・雪山用テント、寝袋など
キャンプ・テント/タープ
・ハンモック
・寝袋、マット類
・食事系(テーブル、焚火台、クックウェア、食品など)
・小物系(ライト、ブランケット、ナイフなど)
サイクリング・ロードバイク
・サイクリングTシャツ
・自転車用レインウェア
・サイクルジャケット、パンツ、タイツ
・小物類(ヘルメット、サングラス、シューズなど)
・ツーリング用テント
トラベル・キャリーバック、トラベルバック
・トラベルコート
・小物類(傘、シューズなど)
クライミング・クライミングシューズ
・小物類(カラビナ、スリング、ロープ、チョークなど)
・プロテクションアクセサリー
・トレーニング用品
スキー/スノーボード・スキーウェア系
・スキーポール
・スキーゴーグル
・スノースポーツヘルメット
・小物系
スノーシュー・山岳用
・スノーハイキング
・スノーランニング
・子ども用
トレイルランニング・トレイルランニングTシャツ、ジャケット、パンツ
・トレイルランニングパック、グローブ
・小物類(ボトル、ヘッドランプなど)
農林漁業/野外作業・レインウェア
・長袖シャツ
・つなぎ
・エプロン、ベスト
・長靴
・ガーデニング、林業用品
・水分補給アイテム
パドルスポーツ・カヤック系
・ツーリング系
・フィッシング系
・ホワイトウォーター系
・SUP系
・ライフジャケット
シャワークライミング・シャワークライミングシャツ、パンツ
・ザック
・沢靴、ソックス
・ヘルメット
フィッシング・フィッシングベスト
・ウェイダー
・フィッシングウェア
・小物系(ソックス、グローブ、ギア)
・渓流釣り用沢沢靴
・フィッシングカヤック
・ロッドホルダーなど
防災・浮力補助胴衣
・非常食
・ホイッスル
・エマージェンシーバッグ
・ライディング、バッテリー
・ウォーターボトル、浄水ボトル
・携帯トイレ
・テント、タープ
バリアフリー・車いす用ウェア
・専用設計バッグ
モンベルが取り扱っている用途別の商品

専用の道具もたくさんあるため、快適なアウトドアやアクティビティを楽しみたい人にモンベルはおすすめです。

日常生活でも使える

モンベルの商品は快適さを重視しているので日常生活でも活躍できます。

特にアウターや小物系はアウトドアをしていない人からも人気です。

モンベル 買ってはいけない
引用:X

普段使いでおすすめのモンベル商品は以下です。

普段使いでおすすめのモンベル商品

特におすすめなのはアウター

軽量で撥水もできるので、通勤や外出時にも役立ちます。

もっち

アウターでおすすめはリバーシブル!アウトドア、日常生活でチェンジできるし、軽くて暖かいのでおすすめですよ!

モンベル 買ってはいけない

そのため、普段使いのみの人、アウトドアと兼用したい人どちらにもモンベルはおすすめです。

\ 軽くて肌寒さを回避できる春のアウトドアにおすすめモンベル /

モンベルがおすすめでない人、おすすめの人

モンベル 買ってはいけない

モンベルを買ってはいけない人と買うべきの人は以下です。

おすすめでない人
おすすめの人
  • デザイン重視
  • 専門的なキャンプ用品を一式揃えたい
  • 他の人と被りたくない
  • 軽さ、機能、コスパ重視
  • 長く使えるアイテムが欲しい
  • アフターサービス重視

モンベルがおすすめでない人

モンベルがおすすめでない人は以下です。

モンベルがおすすめでない人
  • デザイン重視
  • 専門的なキャンプ用品を揃えたい人
  • 他の人と被りたくない人

デザインに関してはシンプルなデザインが多く、カラーも落ち着いたものが多いです。

そのため、デザインやカラーを重視している人はノースフェイスをおすすめします。

もっち

山登りが好きな友達も、若い人(特に20代)はノースフェイスを身に着けて登山している人をよく見かけると言ってました!

モンベルがおすすめの人

モンベルがおすすめの人は以下です。

モンベルがおすすめの人
  • 軽さ、機能、コスパ重視
  • 長く使えるアイテムが欲しい
  • アフターサービス重視

モンベルは山登りに特化しているブランド品。

そのため、荷物を軽くしたり、少なくできる機能が豊富です。

山登りなどのアウトドアはもちろん、日常生活でのおでかけ通勤場面でもモンベルは重宝します。

特におすすめなのはモンベルのアウター

軽くて暖かいので冬の通勤にも重宝し、朝から快適に出勤することができます。

もっち

春にはパーカーもおすすめ!撥水もできるので突然の雨にも守ってくれるので濡れた服でガマンすることを回避!

\ おじさん臭くない!普段使いにおすすめのモンベル /

そのため、アウトドアや日常生活で快適に活動したい人にモンベルはおすすめです。

【体験談】モンベルの買ってよかったアウターレビュー

モンベル 買ってはいけない

モンベルの人気商品であるアウターを3つレビューします。

もっち

どの商品も軽くて、扱いやすくて最高!アウトドアや日常生活を快適に楽しませてくれるおすすめアウターです!

↓ タップで詳細見れます ↓

実際に使用したモンベル商品

軽い

モンベルのアウターはとにかく軽い

一見厚みがあるコロラドパーカーも軽く、着用しても羽織っている感覚を忘れる程でした。

実際に着用した様子

モンベル 買ってはいけない

綿はしっかり入ってふわふわしているので温かいですが、重たくないので冬のアウトドアにも最適と感じました。

もっち

ファスナー部分も布を巻き込みにくい構造になっているので破れる心配も少ないと感じました!

モンベル 買ってはいけない

軽量ですが生地はしっかりしており破れにくい印象です。

そのため、屋外で使用しても長持ちするため長期的に愛用したい人にもおすすめと感じました。

撥水

モンベルのアウターは撥水効果が高いです。

実際に水をつけてみましたがどの商品も弾いており、その後の生地もサラサラとしていました。

もっち

これだけ撥水があれば雨ののアウトドア、通勤の急な雨にも負けずに快適に過ごすことができます!

モンベル 買ってはいけない

縫製している部分にも水がしみ込まずに弾いていたのでしっかり中の衣類を守ってくれると感じました。

腕部分も中に織り込んでいるため、袖から水が入ってくる心配も少ないです。

モンベル 買ってはいけない

そのため、雨の日や急な雨からしっかり守ってくれるモンベルのアウターはおすすめです。

コンパクトになる

モンベルの素材は薄いのでコンパクトにすることができます。

特にストレッチウインドジャケットは手のひらサイズになるジャケットであり、急な雨からもしっかり守ってくれます。

もっち

付属の袋はなくてポケットにしまい込む形なので、袋をなくしたり、急いでしまう際にもサッと収納できますよ!

モンベル 買ってはいけない
モンベル 買ってはいけない

ショルダーバッグに入れてもコンパクトなので、雨が心配な通勤時にもバックに入れておくことで安心!

もっち

登山で大事なことは荷物を減らすこと!山登りに特化したメーカーだからこそのコンパクト技術です!

モンベル 買ってはいけない

そのため、急な雨にも対応でき、荷物にもならないアウターを探している人はモンベルがおすすめです。

リバーシブルで普段着にも

モンベルのアウターはリバーシブルになっているものも。

休日のアウトドア、平日の通勤時どちらも使用したい人にもおすすめです。

もっち

1着で2役なのでお財布にもやさしいし、カラーに悩む優柔不断な人にもおすすめです!

モンベル 買ってはいけない

リバーシブルのデメリットは重たい+生地の厚みがでることですがモンベルのアウターは快適

着用しても『そういえばリバーシブルだった』と感じるレベルで違和感なく着ることができます。

そのため、使用場面、その日の気分によってモンベルを使い分けたい人にリバーシブルのアウターはおすすめです。

モンベルは買ってはいけないでよくある質問

モンベル 買ってはいけない

モンベルは買ってはいけないでよくある質問をまとめてみました。

モンベルはどこの国のブランドですか?

モンベルは日本のアウトドアメーカーです。

1975年に大阪で創業され、今日もアウトドア、日常生活でも愛されています。

モンベルはなぜ人気?

モンベルが人気の理由は以下です。

  • 高い性能なのにコスパがいい
  • 初心者から上級者まで幅広く使える
  • 全国に店舗があり気軽に購入できる

そのため、モンベルはあらゆる客層から人気があるブランド品です。

モンベルの客層は?

モンベルの客層は3つに分かれます。

  • 登山やキャンプなどのアウトドアを楽しむ人
  • 機能性と実用性を重視する人
  • ジャケットなど日用品で使いたい人

アウトドア以外でも普段着として使用している人もいるため、あらゆる客層に人気のあるブランド品です。

モンベルは買ってはいけないのまとめ

モンベル 買ってはいけない

モンベルを買ってはいけない理由は以下の6つ。

モンベルは機能、軽量に特化したアウトドア用品。

そのため、アウトドアだけでなく日常生活にも重宝します。

モンベルで1番おすすめなのはアウター

軽量なので疲れにくく、撥水効果も高いので急な雨からもしっかり守ってくれます。

\ 春のアウトドアや普段使いのモンベルを探している人におすすめ /

みなさんのアウトドアライフがよりよいものになることを心から願っています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次